八極拳の師範代来訪

師範代が来た!続編

先週体験入門に来た八極拳(はっきょくけん)と蟷螂拳(とうろうけん)。 当然、前回の2名より強いだろう!

・・・結果。

師範代だけあってローキック対策は出来てるみたいだけど、 さほど変わらねーw 基本的には前回の2名と変わらない動きだが、何かぴょんぴょんしてる? 何だろうな。動きはしなやかなんだが、力強さというか威力を感じない。

確かに動きは速いよ。でも痛くはないからこっちはドンドン前に出れる。

極真空手は顔面突きナシルールだからヤリにくいのだろうか。

週刊漫画雑誌サンデーにあった「拳児」を急に読みたくなった・・・。

八極拳って、もっと腰低く構えてドーンと行く感じじゃないのかー!? 期待していただけに肩透かしにあったようで実力は図れなかった。

後で猛虎硬爬山(もうここうはざん)や裡門頂肘(りもんちょうちゅう) や鉄山靠(てつざんこう)などの技について詳しく知りたいと聞いてみた。 鉄山靠は、背中の体当たりで相手に反撃する技なんだけど・・・。

「本気でやると危ないから!!」の一点張りで、何も教えてくれず分らんかった。 よけい気になるわ!

という訳でまた次回。

→また次回お楽しみに。

拳児 (1) 作画:藤原芳秀 原作:松田隆智 小学館 完結 「みんなと仲良くするため、強くなりたい」風変わりな祖父・侠太郎の薫陶をうけ、元気いっぱいの“やんちゃ”に育った少年・剛拳児。持ち前の正義感と祖父直伝の『頂肘』がうなる時、さわやかな風が舞う。拳児、強し!!