はじめに

護身を道場で教えるって、とても困難なことなんです。

なぜか?

・実践に応用するのが難しい。

・殆どの技が格闘競技で言う「反則技」になっている。

・格闘技向けではない(女性・非力・年配)人がターゲットなので、応用出来るまで時間と労力がかかる。

、、、他にも色々と要素はありますが、とにかくマニュアル作りが半端じゃなく難しい!

だって、身に降りかかる危険って、予測出来ないことが多いし、仮に予測出来たとしても、パターンは無数にある訳で・・・。

まぁ、でも今回敢えてそれにチャレンジしたのは、最近の物騒な世の中・社会的背景があり、少しでも犯罪防止・暴力追放の手助けが出来れば・・・。と思い、踏ん切りをつけた訳です。

マニュアルも暫定でしかないし、指導方針も模索中の部分が若干残ってはいますが、1人でも多くの人に、万が一の危険を回避出来る方法を知って頂けたら。。。。

そう思い、立ち上げました。

ここで、教範となるものはあまり記述出来ません。

教えていく(というか習得すべき)順序が分かる程度かも知れません。

これ以上の部分については、メールか実際に私の道場を訪れて体感するなりして頂けると、もう少し深い部分まで説明出来ると思います。

→護身の基礎知識

→基本編

→応用編

→上級者編

→護身の大切さを改めて