競技規定(ルール)

「格闘技交流大会」競技規定<自由組手競技規定>

平成2361日改定版

🔷共通項目

資格

基本的に熟練度および経験年数に応じて初級・中級・上級に分けて行う。

勝敗

競技時間内ポイントの優劣にて判定。(3ポイント先取でKO

延長判定は本戦を通して判定を行う。注意・場外も全て本戦から持ち越し。

判定の優先順位は(有効打手数積極性)となっており、たくさんの攻撃を行ったとしても有効打が無い場合、判定は劣勢となります。

有効な箇所への攻撃(小学生の高学年以上・中学生・一般はダメージを伴う事)を有効打と定義します。

禁止事項

頭突き、肘打ち、胴廻し蹴り(蹴り逃げに類するもの)、喉・金的・目・背後からの背中・後頭部への攻撃、投げ、倒れた者への攻撃、道着・腕・足の掴み、両手での押し

🔷幼年・小学校低学年【1年~4年】(男女混合)

競技時間

本戦2分、延長1

防具

フルフェイスガード、パンチンググローブ、足甲・脛サポーター、ファウルカップ

胴の使用は不可、腕サポーターは自由

攻撃箇所

上段・中段 ※腰より下は禁止

攻撃技法

突き(上段・中段)

直突きのみ(但し、拳がきちんとヒットした側面からの攻撃は可)

蹴り(上段)

前廻し、後ろ廻し、振り下ろし、前蹴り
足甲・足底のみ使用。但し振り下ろしは足底のみ

蹴り(中段)

膝蹴り以外の全ての技を使用

禁止事項

膝蹴り、バックハンドブロー

🔷小学校高学年【56年生】(男子)

競技時間

本戦230秒、延長1

防具

フルフェイスガード、グローブ(8オンス)、足甲・脛サポーター、ファウルカップ

腕サポーターは自由

攻撃箇所

上段・中段・下段 ※下段は膝より上のみ可

攻撃技法

突き(上段・中段)

直、廻し、上げ

蹴り(上段)

前廻し、後ろ廻し、振り下ろし、前蹴り
足甲・足底のみ使用。但し振り下ろしは足底のみ

蹴り(中段)

膝蹴り以外の全ての技を使用

蹴り(下段)

廻し蹴りのみ使用 ※関節蹴りは禁止

禁止事項

膝蹴り、バックハンドブロー

🔷中学生(男子)

競技時間

本戦230秒、延長1

防具

ヘッドギア、グローブ(1214オンス)、ファウルカップ

腕、足甲・脛サポーターは自由。マウスピースはできる限り使用すること。

攻撃箇所

上段・中段・下段

攻撃技法

突き(上段・中段)

直、廻し、上げ、バックハンドブロー

蹴り(上段)

前廻し、後ろ廻し、振り下ろし、前蹴り
足甲・足底のみ使用。但し振り下ろしは足底のみ

蹴り(中段)

全ての技を使用 ※膝蹴りは首・肩を押さえて5秒間

蹴り(下段)

廻し蹴りのみ使用 ※関節蹴りは禁止

🔷高校生・一般【初級・中級】(男子)

競技時間

本戦3分、延長1

防具

ヘッドギア、グローブ(1214オンス)、ファウルカップ

腕、足甲・脛サポーターは自由。マウスピースはできる限り使用すること。

攻撃箇所

上段・中段・下段

攻撃技法

突き(上段・中段)

直、廻し、上げ、バックハンドブロー

蹴り(上段)

前廻し、後ろ廻し、振り下ろし、前蹴り
足甲・足底のみ使用。但し振り下ろしは足底のみ

蹴り(中段)

全ての技を使用 ※膝蹴りは首・肩を押さえて5秒間

蹴り(下段)

廻し蹴りのみ使用 ※関節蹴りは禁止

🔷高校生・一般【上級者】(男子)

競技時間

本戦3分、延長1

防具

ヘッドギア(任意)、グローブ(1214オンス)、ファウルカップ

腕、足甲・脛サポーターは自由。マウスピースはできる限り使用すること。

攻撃箇所

上段・中段・下段

攻撃技法

突き(上段・中段)

直、廻し、上げ、バックハンドブロー

蹴り(上段)

足甲・足底・膝を使用した全ての技を使用

蹴り(中段)

全ての技を使用

蹴り(下段)

全ての技を使用 ※関節蹴りは禁止

🔷小学校高学年【56年生】・中学・一般(女子)

競技時間

本戦230秒、延長1

防具

フルフェイスガード、グローブ(1214オンス)、足甲・脛サポーター

胴・腕サポーターは自由

攻撃箇所

上段・中段・下段 ※下段は膝より上のみ可

攻撃技法

突き(上段・中段)

直、廻し、上げ

蹴り(上段)

前廻し、後ろ廻し、振り下ろし、前蹴り
足甲・足底のみ使用。但し振り下ろしは足底のみ

蹴り(中段)

膝蹴り以外の全ての技を使用

蹴り(下段)

廻し蹴りのみ使用 ※関節蹴りは禁止

禁止事項

膝蹴り、バックハンドブロー

武影杯 格闘技交流大会(競技ルール)